大 多 喜 城

徳川四天王の一人本多忠勝が大改修した城

 所在地:千葉県夷隅郡大多喜町
 別  称:舞鶴城
 築城年:大永元年(1521)
 築城者:武田信清
 形  式:平山城
 遺  構:土塁、移築城門、復元天守

 地図 
復元天守
歴 史  大多喜城は古くは根古屋城と呼ばれ、真里谷城主武田信興の次男信清が安房館山城主里見氏の侵略に備えて、室町時代末期の大永元年(1521)に築城したのが始まり。武田氏三代朝信は天文13年(1544)里見氏の武将正木時茂に攻め滅ぼされ、以後、根古屋城は正木氏3代の居城となる。
 天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原の北条氏を討伐し、徳川家康が関八州を与えられ江戸城に入城すると、徳川四天王隋一といわれた本多忠勝が正木氏を降し、10万石を拝領して根古屋城主となった。本多忠勝は直ちに根古屋城を大修築、夷隅川を天然の外堀とする堂々とした近世城郭を築き上げた。これが大多喜城である。
 本多忠勝が慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦の翌年に伊勢桑名に転封すると、忠勝の次男本多忠朝が旧領内の5万石を与えられて大多喜城主となった。この忠朝は元和元年(1615)の大坂夏の陣で戦死したため、甥の本多政朝が後を継いだが、元和3年(1617)政朝は播州龍野に転封。
 本田氏の後、大多喜城主は阿部氏、青山氏、稲垣氏と交替し、元禄16年(1703)相模甘縄から松平(大河内)正久が2万石で入城。以後、大多喜城は松平(大河内)氏9代の居城として明治維新を迎える。
一口話  本多忠朝が大多喜城主だった時、領内の沖合いでスペインの帆船サン・フランシスコ号が暴雨風にあって難破。忠朝は救出されたフィリピン総督ドン・ロドリゴ一行に衣服や食料を与え、手厚く保護した。ロドリゴ一行はお礼言上のため大多喜城に立ち寄り、忠朝は良馬を送って友情を示したという。
 帰国後にロドリゴが著した『日本見聞録』には大多喜城での様子が感動的に書き留められている。本多忠朝の人柄を示すエピソードである。
見どころ  本多忠勝が築いた大多喜城は夷隅川を天然の外堀とし、本丸には三層の天守、二の丸には御殿が設けられ、二の丸・三の丸の9棟の隅櫓、城門などが城内を固め、要害堅固な城郭であった。復元天守
 昭和50年、天保11年(1840)の天守絵図を基に、本丸跡に三層四階、地下一階の天守が復元された。内部は千葉県立総南博物館となり、房総の中世から近世までの歴史資料や文化財などが展示されている。
 本丸跡の東側の崖に立つと、城下町が一望できる。眼下の大多喜高校はかつての二の丸跡で、グランドの一隅に本多忠勝が掘らせたという大井戸があり、また、大多喜城の大手門であった薬医門も校内に残っている。この薬医門は大井戸とともに大多喜城の貴重な遺構といえよう。
周辺案内  大多喜町は房総半島のほぼ中心部に位置する町で、南房総国定公園内にある麻綿原(まめんばら)高原は関東隋一のアジサイの名所。天拝園と名付けられ、妙法寺の境内を中心に、7月上旬から中旬にかけて約4〜5万株ものアジサイが高原に咲き乱れる様はまさに壮観。
 栗又の滝も訪れたい。全長100mの名瀑で、滝周辺の渓谷は千葉県下有数の紅葉の名所として知られ、秋には多くの人々が訪れる。
 千葉県立薬草園は350種もの薬草が栽培されている。園内にある資料館には約500種の生薬が展示され、薬草に興味がある人には是非立ち寄りたいところ。

【大多喜町のホームページへ】